幸せの連鎖を生む転職|やりたい仕事をして家族を養う方法

仕事

日本の物流を支える

トラック

私達の生活を物流で支えているのがトラックです。日本中を走り回り、どんな遠隔地にも荷物を届けてくれます。スーパーやコンビニで販売されている商品もほとんどがトラックで運ばれて来ているのです。ですから私の生活は物流に支えられているのです。

日本の物流はトラックが多くて、高速道路が全国各地に整備されているので、ドライバーは日中だけでなく夜間も運転しています。夜間に運転して商品を届けてくれることで、朝に起きると普段通りの生活が出来るのです。ですが最近はドライバーが全国的に不足していて、インターネットの求人サイトでも沢山募集しています。特に長距離のドライバーが少なくて、休みを削って働いているドライバーもいます。ですからトラックドライバーになりたい人は今がチャンスです。男性でも女性でも免許を持っていて運転が好きな人は、求人サイトを見て連絡してみましょう。

国土交通省の調べによると、1997年は約90万人いた長距離ドライバーが、2015年は約81万人になっています。トラックドライバーの平均年収も少しずつ減少していて、現在は約400万円ほどです。しかし、インターネットの通販が盛んな現代でドライバーの職がなくなることはありません。それどころかもっとドライバーの数が必要になっています。求人サイトでも募集していますが、経験者の場合は優遇されますし給料もアップするかもしれません。連絡して担当者に相談してみると良いでしょう。日本を物流で支えるトラックドライバーを目指している人は、求人サイトに登録しましょう。

Copyright© 2016 幸せの連鎖を生む転職|やりたい仕事をして家族を養う方法 All Rights Reserved.