幸せの連鎖を生む転職|やりたい仕事をして家族を養う方法

仕事

建設現場の監督

作業員

大きな建築物を建てる際に必ず必要となる仕事が建築施工管理です。設計士が設計した図面通りの建築物を、耐久性や耐震性を守って建てるようにする工事現場の監督です。建築施工管理の仕事次第で、工期を守り職人が安全に仕事することが出来るのです。そのため、施工する職人とコミュニケーションを取り、円滑に作業が進むようにするのが仕事です。

現在は求人サイトでも建築施工管理を沢山募集しています。しかし、未経験でなんの資格もない人は採用する可能生は少ないでしょう。資格を取得には実務経験が必要となるので、最初は施工管理補助から始めましょう。き施工管理補助なら未経験者でも応募可能な求人があります。現場の経験や知識をつけてから建築施工管理者の資格を取得すると良いでしょう。参考書で勉強するよりも、現場での仕事は勉強になりますし先輩の話はとてもためになります。

求人サイトで募集している施工管理補助の最大の仕事は管理です。専門的な知識や経験がなくても、先輩に教えてもらうことでカバーできます。ですが管理する能力は個人によって違います。スケジュールの管理や職人の管理をすることで、建築物を工期内に安全に完成させることが出来ます。そのため、スケジュールが遅れている場合は、その原因を探してリカバリー出来る体制を臨機応変に作ることが肝心です。そのためには、設計士だけでなく、多くの職人をしっかりとコミュニケーションを取り、現場の進捗状況を毎日管理するのが仕事です。まずはインターネットの求人サイトに登録しましょう。

Copyright© 2016 幸せの連鎖を生む転職|やりたい仕事をして家族を養う方法 All Rights Reserved.